レジャーとレクリエーション、そしてスポーツについてのとらえ方です その1

1965年頃から日本では国民の間にレジャーという言葉が普及します。レジャーの本来の意味は、生活時間から睡眠時間と労働時間を取り除いた残りの時間という、どこまでも時間的な規定でした。ところがこの頃から、この余暇時間に行われる活動をもすべてレジャーと受け取るような傾向が強くなります。マスコミが、このような感覚のもとにレジャーという言葉を使用してきたこともあって、今日ではレジャーといえば、広義には余暇における活動の総体、狭義には、楽しみや喜びを伴う旅行、各種の催し物の見物、娯楽のようなものを指すと受け取られています。そうなると、当然レクリエーションと、どこが違うのかということが問題になってきます。これについて必ずしも明快な答えは出ていませんが、レジャーは、睡眠や労働から解放された時間であるとともに、その時に行われるあらゆる活動、特に楽しみや喜びを伴う活動であると言えます。

経営顧問サービスを低費用で依頼できる会社を教えてください。

リンク

引張試験なら!【クロッツ・ベッケルト ジャパン】

オーダー家具 食器棚

ダメージケアを改善しよう